読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食と農・かきのきむら企業組合

島根県にある柿木村の農家の集まりです。柿木村は35年以上前から有機農業を地区全体で取り組んできました。作物のこと、日々の出来事など書いていけたらと思います。

野菜紹介 チンゲンサイ

 この季節の悩みといえば、ツバメです。人が通るところに巣作りをするので、糞が落ちて困ります。でも、このツバメたちが、東南アジアから渡ってきたことを思い出すと、長旅をねぎらい、暖かい気持ちで受け入れたくもなります。山の緑、ツバメ、水を張り始めた水田。人間の生活と自然が作り出す美しい風景がいつもそこにあるのは、とても幸せなことです。

 

 チンゲンサイは、歯ごたえのある茎が魅力の野菜です。収穫する時に、生でかじってみたこともありますが、おいしいです。チンゲンサイの栽培は、プランターでもできます。一粒ずつ15㎝間隔にまけば、間引きいらずで、充分な大きさに育ちます。生育が早く、あっという間に大きくなります。一袋3~4株のチンゲンサイを見慣れていると、違う野菜に見える程の大きさです。