食と農・かきのきむら企業組合

島根県にある柿木村の農家の集まりです。柿木村は35年以上前から有機農業を地区全体で取り組んできました。作物のこと、日々の出来事など書いていけたらと思います。

寒いです。冬がやってきます。

f:id:syokutonou-kakinoki:20171116105749p:plain

最近の気温はこんな感じです。日曜日が特に寒そうですね。

 

なんと!!その日曜日に柿木村では農業文化祭が行われます。寒さに負けずぜひお出かけ下さい。

 

吉賀町きん祭みん祭農業文化祭
吉賀町のみんなで作る最大のイベント!この日は町民一人一人が主役です。
収穫を祝い、感謝し、伝統を知る一日。
 
地元団体、有志&婦人会などによる屋台や特産品の販売、農林産物品評会、ハンドクラフトの展示会&ワークショップ、もちろん神楽や紅蝶連も来てくれます。
柿木会場限定・人気の和牛販売はどーんと丸ごと一頭分!
どっちも行かなきゃ♪
 
・11/19(日) 柿木会場  吉賀町役場柿木庁舎周辺
・9:00~15:00
・主催 吉賀町きん祭みん祭農業文化祭実行委員会
・後援 吉賀町 吉賀町教育委員会
・雨天決行
・駐車場 柿木小学校グラウンド
・身障者用設備、授乳室あり
・お問い合わせ 吉賀町役場企画課 TEL 0856-77-1437
 

f:id:syokutonou-kakinoki:20171116110426j:plain

f:id:syokutonou-kakinoki:20171116110446j:plain

f:id:syokutonou-kakinoki:20171116110505j:plain

どんなチラシがお好み??

稲刈りの作業もほとんど終わり、お米の出荷作業が始まっています。先日は東京在住で島根にご縁のある方からご注文をいただきました。

せっかくなのでチラシを作成。これからは若い方にも手にとってほしいと願って、カフェ風??のデザインになりました。いかがでしょう。(自分では気に入っています)

と書いていると、「このブログのQRコードも入れんさい」と声がかかったので再度訂正して完成です。    

     

f:id:syokutonou-kakinoki:20171012100727p:plain

シールのはなし

近隣スーパーにれんこんを卸したいという農家さん。地場野菜コーナーに置かれるため他との差別化が必要です。

農家さんもそこを意識されており、シールの作成を依頼されました。れんこんは色味の少ない野菜ですから、色を意識してデザインをしてみました。

いかがでしょう?

シールひとつで消費者の購買意欲も変わってくるでしょうから、これから機会があれば他のデザインにも挑戦したいと思っています。

f:id:syokutonou-kakinoki:20170927161910p:plain

あちこちで稲刈りがおこなわれ、もうすぐ新米が食べられそうです。

機械で乾燥させるという方が多いですが、いくつかの家ではこうしてはぜ干しをしている光景も見ることが出来ます。こんなふうにきれいに干すことが出来たのなら道行く人からもきっと褒められることでしょう。

f:id:syokutonou-kakinoki:20170922161407j:plain

精米したらシンプルなおにぎりが食べたい。

食欲の秋、堪能しましょう。

f:id:syokutonou-kakinoki:20170922161411j:plain

IUターン者のはなし

今年からIUターン者がグループを作って、田植えから稲刈りまでを一通りやっています。田んぼをやりたいと思っても、まずは場所を借りたり、道具を用意したり、栽培の方法だったり、人手だったりとハードルがいくつもあります。

それをグループ単位でベテランの農家さんに教えてもらいながら行うということで超えていこうというわけです。

耕作放棄地対策にもなりますし、うまくいけば一石二鳥以上の効果が・・・。

それで、そろそろ稲刈りなわけです。おいしい新米が食べられるかなー。

出来たらまたご報告します。

f:id:syokutonou-kakinoki:20170908105024j:plain

※写真は関係ないけど涼しそうなので高津川

梅雨時期なのになかなか雨が降りませんでしたが、先日ドサッと降りました。柿木村は被害はほとんどありませんでしたが、お隣の益田市などは大きく被害を受けた地域もあるようでした。

農作物を育てるには雨は必須ですが、人間の力ではコントロールできませんので、こればかりはどうしようもないですね。

何事もほどほどがちょうどよいのでしょうね。

 

f:id:syokutonou-kakinoki:20170707150953j:plain

5月に入ってほとんど雨の降らない柿木村です。

どの農家さんと話をしても話題はお天気のこと。どこかに出かけるのには晴れているほうが良いですが、農家にとっては雨がないことは死活問題です。

こればかりは人間の力ではどうしようもないので、待つことしか出来ません。昔の人も同じような気持ちで、雨乞いの神事を行っていたのかもしれませんね。

 

さて、今日は小ねぎの調整作業にお邪魔してきました。(ここでも話題は天気…。今晩、ちらっと降るかもしれないとのこと)

小ねぎはハウス内で栽培されており、収穫後は写真のようにひとつひとつ手作業で色が変わっている部分やごみなどを取り除いていきます。その後は規格に合わせて重さを測り袋に詰めて出荷となります。

買う側にはなかなか見えにくい部分ですが、このような過程を経てお店やご注文を頂いた方の手元に届くことを少しでも知ってもらえたら嬉しく思います。

 

f:id:syokutonou-kakinoki:20170601112552j:plain